カテゴリ:ナルのこと( 57 )

9月19日。

今日、くらふとの病院へ行ってきました。


d0169340_00145200.jpg



日曜日の夜からお腹がゆるくなり
昨日は、粘膜状の水溶便に血が混じる状態で
これは、いかん!!
と、やっぱり検査を受けました。


d0169340_00151638.jpg


d0169340_00195428.jpg




でも良かった。
便検査にはなんら問題は無く
お腹がゆるいだけで、身体はいたって健康そのもの。


おそらく、長いドライブや
お外での営業で緊張した結果ではないかとの見解です。


ああ、良かった。


d0169340_00201375.jpg

d0169340_00201554.jpg



多少メンタルが弱いくて、環境が変わると
おなかに来ちゃうんだ~とご承知置き頂けたら
有難いです。



病院では、とても良い子にしてました。
先生やスタッフの方々に
かわいいー、美しーとたくさん褒められました。


そうなの。
室内だとホント落ち着いてるんですよ。



早く良いウンチなるようにこれから5日間
お薬を飲んで様子見します。


d0169340_00203382.jpg



良かった。良かったなーと言うお話です。






9月19日。

今日はナルが亡くなってから
ちょうど1ヶ月。



私は今日、随分前から休みを取っていました。
本当なら、ナルの看護をするつもりだったから。



未だに
気持ちがふわふわしていて、実感が沸いてこないのは
なぜだろう。



うちの庭には、彼岸花が咲きました。
この花、毎年咲くわけじゃなく
気がつくと、何年かごとに花を咲かせています。


今年は4本咲きました。

d0169340_00240502.jpg

d0169340_00240722.jpg



この花が枯れるころ
ナルの話させてもらおうと思っています。




*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・* 

くらふとは絶賛、家族募集中です。
我が家に来て頂き、お見合いも可能です。
気になる方はぜひ、ちばわんのHPからお申し込みください。




























by kyuuzou_u | 2018-09-19 23:38 | ナルのこと | Comments(0)

じゃあ、またね。

ナルが、空に旅立ってから4日が経ちました。



私たちの生活もいつものリズムに戻りました。
私は休み明けで、いつにも増して仕事が山積みです。



この忙しいのは毎年恒例のことなので
今週は、さっちゃんがナルの看病をするために
今日まで休みを取っていました。


さて、
金、土は留守番になるからどうしましょう。
と思っていたところ
その間は、入院させてもらう予定を整えていたのに。。。



ナルったら、急ぎ足でお空に昇っていきました。
らしいと言えば、ナルらしい。



*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

8月17日早朝。

前日からひどい吐き戻しで緊急入院。

夕方面会に行ったときには脱水も貧血も治まり
穏やかな表情を見せてくれました。


頭を撫でたら、
立ち上がってケージから出ようとしたから
先生と私は驚いて笑ってしまいました。



8月18日夕方。

血液検査の結果を聞きました。

CRPは12.0まで下がりましたが
BUNが132、クレアチニンが5.2。


腎機能不全です。


がんになると全身の血液が固まりやすくなります。
がんに伴う血液凝固能亢進によって発生する静脈血栓により、
脳や心臓や腎臓にダメージを与えるそうです。


膀胱にシッコがたまってるけど
尿は出ません。

少し散歩をしました。

シッコは出ないけど外の空気は気持ち良さそうでした。
水もゴクゴクおいしそうに飲んでくれました。

先生はあと数日入院させたいと仰ってくださいましたが
どうしても連れて帰りたいと、無理なお願いをして
次の日の夕方には再入院する条件で
私達のお願いを聞いてくれました。


あの時、
なんで無理をしてでも、一緒に帰りたかったのか。
今思うと不思議な話です。




8月18日夜。

みんなでうちに帰りました。

シッコはまだ出ません。
この時すでに自力で立つことが出来ませんでした。



明日は、薬の力でシッコをさせよう。
と、さっちゃんと話しました。



ミルクをゴクゴクと飲みました。


「ああ、美味しい」って顔をするから、
みんなで大笑いしました。



8月18日深夜。

シッコは出ないけど、お腹がキュルキュル鳴っています。
明日は、ウンチが出るのかな。


お腹がいっぱいになり、
スースー寝息を立てて寝ていました。

久しぶりに見る穏やかな寝顔です。

ああ、良かったねーとみんなで言いました



8月19日早朝。

ソファに降ろしたら、身体が大きく、波打つように震え出しました。

さっちゃんが言いました。

「ああ
もうダメだ。」
「もう、いいよ。」


ナルは小さくため息をついて、ゆっくり眠りに尽きました。

5時35分でした。








ナルは今、たくさんのお花に囲まれ
穏やかに眠っています。



お花がたくさん届きました。


d0169340_21291541.jpg
ひまわり愛ちゃんママさん、ありがとう。



d0169340_21294215.jpg

糸ママさん、犬友の皆さんありがとうございます。



d0169340_21300496.jpg

Nさん、Sさんありがとう。
 

こんなにも大勢の皆さんに応援いただいていたことを
今更ながら、感じています。



ひとつひとつに込められた思いや願いに感謝しています。
今まで見守ってくれてありがとうございました。


年老いて、病気になって、闘病中だった老犬が
家族に看取られ天寿を全うした




普通であれば、どの子にも必ず訪れる
たった2行のエピソードです。


それが、うちの子に起こっただけ。
と考えるには時間が足りません。




正直、まだまだ悲しみが押し寄せてくるほど
実感が沸いてこないのは

私自身の心がフリーズしてしまい
現実を受け入れ切れてない証拠です。


優しいお言葉も、今はまだ泣いてしまいそうで
コメントも閉じてしまいました。

メールのお返事も出来ないままで
ごめんなさい。



もう少し時間をかけて
少しずつ、ナルの思い出を
大事に片付けて行こうと思います。





病気は憎いです。
おうちに大事な子供が居るならば
どうか頭をポンポンと撫でてあげてください。




ねえ、ナルちん。
あなたは、今


 

ちゃんとご飯を食べてますか。



お水はこぼさず飲んでいますか。



ウンチとシッコは出ていますか。



お腹は痛くないですか。



おもちゃで遊んでいますか。



抱っこ
して欲しいですか?







ねえ、ナルちん。








今度生まれ変わっても
もう一度
母さんちの子になってくれますか。








d0169340_21345598.jpg

d0169340_21384761.jpg

d0169340_21384935.jpg

d0169340_21385090.jpg

d0169340_21385105.jpg

d0169340_21385352.jpg






過酷な運命を背負い
名も知らず、存在さえも知ってもらえず
ひとり静かに空に昇って行く子も居る中で
こんなにもたくさんの方に見守っていただいたナルは
本当に幸せ者です。

ナルを通して出会った皆様に感謝しています。
































by kyuuzou_u | 2018-08-23 21:40 | ナルのこと | Comments(6)

慌てん坊のナル。

昨日は、
さんにんしか居なかったこの部屋。

今日はよにん居るのが分かるかな。






d0169340_10545834.jpg




入院してたナルは昨日の夜、
一時退院してうちに帰ってきました。


今日の夕方、また、病院に戻る予定でしたが


ナルは慌てん坊だから

今日の早朝、

急いでお空に逝ってしまいました。


5時35分でした。


そんなに慌てて行かなくてもいいのに。


このバカちんが。。






by kyuuzou_u | 2018-08-19 10:51 | ナルのこと | Comments(0)

入院。

11日に、免疫治療を行ったナルちん。

d0169340_10365200.jpg



介護食もスムーズに食べて
お水もしっかり取れたので体力も
メキメキ回復したように感じました。


なんと、散歩にも行けたんです。


こりゃ、もしかして奇跡が起きるぞ!なんて
本気で信じてみたりして。。



d0169340_09402568.jpg

d0169340_09402628.jpg

d0169340_09402774.jpg

ご飯を食べただけで、狂気乱舞し


d0169340_09450571.jpg


d0169340_09444464.jpg

d0169340_09444555.jpg

歩いてる姿に拍手喝采。




いやいや、本当は
ただ穏やかに寝てるだけで、満足してたのに。


本当、良かったなー
幸せだなーと感じる3日間。



それも、ほんの束の間です。

おととい15日から、
食べては吐く。
飲んでは吐く。
動いては吐くの吐き通し。


もう、お腹の中が空っぽなのに
吐く動作ばかりを繰り返す始末。
 
さっちゃんは、昨夜は一睡も出来ずに
仕事に向かいました。


d0169340_09460245.jpg
(な  :    気持ぢわり"いよー


身体中の水分を出して
脱水も貧血も進んでしまったので
今日の早朝、病院に行き
そのまま入院となりました。


まずは点滴。
他に、必要な処置をお願いしています。


ねえ、ナルちん。

d0169340_10374321.jpg



あっちに行くにはまだ早いぞ。
あなたの家はココなんだから



ちゃんと、ちゃんと
無事に、戻って来てください。














by kyuuzou_u | 2018-08-17 07:04 | ナルのこと | Comments(0)

活発な細胞。

今日のナルです。


d0169340_22015952.jpg

元気だったりグッタリしたり
体調は行ったり来たりしています。





ごはんはシリンジで給餌していますが
喉が腫れているので、飲み込む力が弱くなっているようです。



エコーでは、
胃腸の動きがしっかりしてるのが確認できます。ちゃんとお腹は空いてるようです。
後は、飲み込む力があれば、もっと体力も復活するのに。


食べさせたい気持ちばかり先走り、無理強いしないように。
誤嚥だけは気をつけています。


今は

d0169340_18123345.jpg
このふたつが大活躍しています。

でも、まだ足りない。

せめて、満腹感に満ち満ちて
夜はぐっすり寝かせてあげたいな。


昨日、病院の先生から電話がありました。


d0169340_18064859.jpg



本当、
病院からの電話ってドキっとします。


d0169340_18073799.jpg

先生がおっしゃるには
培養している、ナルの樹状細胞と活性化リンパ球が順調に
しかも活発に育っているそうです。

その動きは、ここ2、3日の間に一番のピークを迎えるそうで

当初13日に予定していた免疫治療。

予定を早め11日から開始します。



d0169340_18071106.jpg




そうか。
活発なんだ。


ナルの体から離れた組織の一部は、生きる事に貪欲で、
色んな事をまだまだ諦めていません。


d0169340_16354013.jpg


母さん達も、そうです。




今が一番辛いと思うなら
この先は良くなる事しか考えられない。





だから、ナルちん。
あなたの底意地、見せてやれ!








くらふとの預かりブログなのに、最近はうちの子の話ばかり。


くらふと君は元気です。


d0169340_22305254.jpg


ダブルOがおやつ待ちしてると
何気にそばをウロウロしてます。
調子がいいと、離れたところで一緒に食べたりしてくれます。

(滅多に起きない、けど貴重なレア情報   笑笑)


d0169340_22370826.jpg

お散歩は大好きです!
ちょいとシャイで癖が強いけど、、笑笑
どこから見ても、普通の家庭犬です。




くらふとは、ここに居ます。

どうか、未来のご家族さまの目にとまりますように。



by kyuuzou_u | 2018-08-09 22:35 | ナルのこと | Comments(0)

免疫細胞療法。


今日のナルです。


d0169340_22540974.jpg

d0169340_22541101.jpg


どこもかしこも痛くて、いつも不機嫌な顔をしています。

薬としては、今は2種類の痛み止めと食欲増進剤を服用しているのみ。


d0169340_22543920.jpg


最近はその薬も既に効かなくなって来て
これからは、病院で打ってもらうもっと強い薬でしか、この痛みは取れません。


この下にCT画像を付けました。
苦手な方はこの先はスルーしてください。









d0169340_23012285.jpg

d0169340_23012304.jpg

丸の中で雲って見えるのが広がってしまった腫瘍です。







先日、今後の治療方針を先生と話し合いをしました。


手術が不可能となった今、選択肢は4つです。



①放射線治療
②化学療法(抗がん剤)
③緩和措置
④尊厳死



全ての項目について、リスクとセフティを細かく説明してくれました。


d0169340_22550335.jpg


一番確実なのは、放射線治療です。




しかし、今の状態ではたとえ腫瘍が小さくなっても
強い副作用にナルの体力がもたず、これからの生活にも支障が出る可能性が高い。


d0169340_22553301.jpg


そこで、色々調べた結果、
免疫細胞療法という治療があることを知りました。


犬猫の腫瘍に対する免疫療法は、免疫細胞を体外で増殖させて、体内にもどす治療法です。

体内に戻った免疫細胞は腫瘍を狙い撃つ細胞が全身を巡るため、
一度の治療で効果が持続すると言われています。
また、犬猫の腫瘍に対する免疫療法は手術や放射線治療で完全に取り除けなかったものを
分子レベルで攻撃します。

こういった犬猫の腫瘍に対する免疫療法の効果はガンの再発・転移の予防に効果が期待されるそうです。


この治療のメリットは

■ 副作用がほとんどない 
■ 生活の質(QOL)の向上がみられる 
■ 延命効果が期待できる 
■ 他療法との相乗効果が高い


この治療を実施している病院は少なく、担当の先生に相談したところ、今の病院で受けることが出来ました。
しかも、担当医師がその治療を行ってるそうです。

では、なぜ、積極的に推薦しなかったと言うと

この治療方法は全ての腫瘍に効果があるのではなく
他の治療と併用してより効果を発揮するそうです。

単体で行っても、腫瘍は小さくなりません。

統計的にみても、改善される確率は決して高くないのが現状です。
そしてかなり高額な費用がかかります。


安全性(セフティー)と危険性(リスク)・メリットとデメリットは、詳細かつ丁寧に説明をしていただきました。


今より一歩進むのであれば、治療を受けてみようと思います。

犬猫の免疫療法は、樹状細胞療法(DC療法)と活性化リンパ球療法(CAT療法)に分けられます。

ナルが行う治療は
この二つを併用した 樹状細胞ー活性化リンパ球(DC-CAT)療法です。



d0169340_22433816.jpg


樹状細胞療法(DC療法)と活性化リンパ球療法(CAT療法)の利点をあわせ持ち、
腫瘍への攻撃力をより高めることができる方法だそうです。


採血は明日です。
それから2週間、摂取した細胞を培養し、投与は約2週間後の8月13日の予定です。

d0169340_23064338.jpg


その2週間の間、無事に活発な細胞がたくさん育ってくれることを
ただただ祈るのみです。
少しでも効果がありますよう
どうか、見守っていただけたらうれしいです。















by kyuuzou_u | 2018-07-30 23:06 | ナルのこと | Comments(2)

この丸く見えるのが腫瘍です。


今日もナルの話です。

d0169340_14393211.jpg




「この丸く見えるのが腫瘍です。」
「大きさは、約2センチ弱です。」

こう、告げられたのが先週の月曜日のことです。



最初は、膵炎の治療を行っていましたが
首の辺りが腫れているのと、鳴き声がかすれているのに気づき



触診で丸瘤を感じたので、エコー検査を受けました。


悪い予感、当たって欲しくないと思ってたんです。
しかしながら、私たちの思いは届かず

結果は甲状腺腫瘍(ガン)でした。


d0169340_07082654.jpg
d0169340_07085481.jpg


甲状腺癌は犬の癌腫瘍でも、かなり珍しい病気です。多くが悪性のがんで、肺や、近くのリンパ節への転移が多い腫瘍です。もちろん良性の甲状腺腫の場合もあります。

喉、呼吸器に近い場所だけに悪化するとかなり苦しそうに見えます。
他の臓器や、リンパ節に転移していなければ手術によって切除とのことだったので
まずは、悪いものは取ってしまおうと検査を進めていました。





超音波検査、胸部レントゲン検査。
浮腫や肥大などは、確認できませんでした。

針吸引生検は、残念ながら悪性。

甲状腺ホルモン濃度測定は、現在結果待ちです。

病院ではCT検査の設備が無いため
土曜日に、高度救急医療センター併設の病院でCT検査を受けてきました。


d0169340_07150986.jpg

d0169340_07151128.jpg

d0169340_07151372.jpg



結果は思わしいものではありませんでした。


甲状腺は左右にふたつありますが
片側だけに発生することもあれば、両側とも発生することもあります。
ナルの場合、しこりで感じた左側は丸瘤のまま停滞してましたが
右側はすでに破裂していて、その浸潤が激しく転移の範囲は咽頭部全体にまで達し
他、左肺、すい臓にも転移の影が映っていました。

今の状態は
ステージ4の末期症状。


思い返せば5月にかかりつけ医で前提疾患の発作と診断されたのは、もしかしたら、癌性の痛みによる症状だったのかもしれません。


d0169340_07155086.jpg

d0169340_07155285.jpg


今の治療は、かかりつけ病院ではありません。
あの時、どうしてもっときちんと調べなかったのか、、、。


あの時そう決めたのは全部私たち。
ナルの訴えを聞かなかった私たちの責任です。


だめだ!
毒を吐きそうで。


今日の夜、担当医師、手術を予定していた執刀医と話し合いをし、今後の治療を決めていく予定です。



今朝は、大好きだったお肉を焼きましたが
匂いを嗅ぐだけで食べられません。
たくさん焼いて、ミンチにして少しずつ食べてもらいます。


今、ナルは確かに生きています。


まだ生きようと頑張っています。


先生も諦めてません。


私たちも諦めていません。

だから、まだ泣かない。



しっかりしなきゃと思います!






















by kyuuzou_u | 2018-07-23 07:16 | ナルのこと | Comments(8)

書けなかった話。

預かりブログである以上、預かりっ子の話であれば
いい事も、悪いことも正直に正確にお伝えすることは出来ますが



私的な内容になるとなかなか書けないのが正直なところ有ります。
今日はそんなお話です。


我が家の長男坊ナル(推定14歳)は、5月に前提疾患の発作を起こし
その後順調に回復しているものの、足腰の麻痺が若干残っていました。


d0169340_23463510.jpg




そんな時に2階の階段を踏み外し
1階まで転げ落ちる事故がありました。
これは、完全に飼い主である私たちのミスです。
誤っても誤りきれないことです。

すぐに病院へ行きレントゲンの結果を見ても、内臓、骨、関節にも異常が無く
本犬もけろっとしているので安心していました。
それが6月5日のこと。



d0169340_23470425.jpg



その10日後、今度はご飯を食べなくなりました。
足の痙攣も出始め、急いで病院へ行ったところ
胃腸炎との診断でした。
消炎剤と消化剤を処方され、状態が安定してきました。
それが6月17日のこと。


d0169340_23473894.jpg
(お腹が痛いから、うつ伏せになります)



それからです。
ナルの食欲がまったく無くなり、あの手この手をしてみても
食べることを拒否し続け、水分も採らなくなり
すぐに病院へ行きましたが、かかりつけでの血液検査の結果は異常なし。


私たちのかかりつけ病院は、ごく小さな病院なので
簡易検査は出来るものの、詳細な結果は業者へ出すため
結果が分かるまで最低3日はかかります。


d0169340_23475733.jpg
(時々行き倒れています)



みるみる衰弱していく様子なので、セカンドオピニオンのつもりで
他の病院で検査を行ったところ


リパーゼ 3934U/L(MAX 1800U/L)
アミラーゼ 2861U/L(MAX 1500U/L)
CRP(急性炎症マーカー) 10.6㎎/DL (基準5.0以下)

急性膵炎の疑いとの診断でした。


膵炎自体、確定診断は難しく
それでもすぐに治療を開始しないと危険な状態なので
治療はすぐに開始され、まずは補液と皮下注射

制吐剤(セレニア)胃炎剤(プリンペラン)ステロイド

その後、補液をしつつ、24時間の絶食絶飲。

それが7月6日


この週は、偶然にも、さっちゃんが1週間の休暇をとっていたので
それまでナルのそばについていられましたが、翌日からは仕事が始まります。

私は、翌日くらふとと葉山いぬ親会に参加するため半日留守の予定でした。
だから、急遽チェリママに付き添いお願いして、了解をもらったときは
本当にうれしかった。

くらふとは無事に参加させていただき
私はナルの病院へも行けました。

その後の結果。

7月7日
リパーゼ 2439U/L、アミラーゼ 1168U/L
CRP 9.6㎎/DL

7月8日
リパーゼ 1444U/L、アミラーゼ 529U/L
CRP 2.6㎎/DL

ここに来て、やっと正常値に戻りナルの顔も生気が戻りほっとしました。


7月14日
リパーゼ 5952U/L、アミラーゼ 2177U/L
CRP 1.5㎎/DL

つい先日の結果です。
炎症マーカーの数値は正常に戻りましたが
膵炎の数値がぐんと上がってきました。


d0169340_23494094.jpg

d0169340_23494182.jpg

d0169340_23494205.jpg


食べられない状態は今も続いています。
さらに、階段の怪我、足を引きずり痛がるそぶりがあったので
さらにレントゲンを取ったところ
肩の関節が数ミリずれて、動かすたびに痛みが出る状態でした。

炎症マーカーで高い数字が出たのは
この関節炎の疑いもありましたが
先日の結果では、炎症自体は起こっておらず
膵炎の数値だけが上がっている結果を見ても

関節炎の痛みは無いものの、とにかくおなかが痛くて、吐きたいくらい気持ち悪い状態とのこと。


d0169340_23503557.jpg
(散歩に行きたくて玄関まで来たけど力尽きて行き倒れてます)

 


膵炎、、、人間がなったって痛くて苦しい病気です。
こんなに小さな子に辛い思いをさせてしまってることが
申し訳なくて、申し訳なくて。。。
変われるものなら変わって上げたいです。



ナルがこれ以上苦しくならないように
しっかり管理してあげること。
大事なあなたのことなら、私たち家族はどんな事でもしてあげられます。


d0169340_23500817.jpg



でも、出来るだけ明るい看護が出来るように
人間も体力気力を待ち続けないといけませんね。





いつものように、いつものようにどんな時でも
マイペースに過ごしているこの子達の無邪気な様子におばちゃんは癒されます。

d0169340_23515680.jpg

d0169340_23515757.jpg

d0169340_23515852.jpg



どの子も大事な家族ですからね。






くらふと君は元気にしています。

d0169340_23523817.jpg

d0169340_23524110.jpg



相変わらず、部屋ではワタワタしてますが
彼もまたいつも通りのマイペースな生活です。
手がかからなくて助かります。

d0169340_23570156.jpg
ハウスの中なら、触り放題。
大人しくされるがままです。
(おばちゃんは、やりづらいですが、、、)




私ごとで恐縮いたしますが
ナルの話は、また記録として綴っていきます。
ご理解をいただけるとありがたいです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

くらふとはちばわんの保護犬です。
優しい家族のお迎えを待っています。
申し込みはちばわんまで。























by kyuuzou_u | 2018-07-16 23:45 | ナルのこと | Comments(4)

ちょびっと更新〜病院なう〜

ちょびっと更新します。


d0169340_10314831.jpg

d0169340_10315077.jpg

診察待ちの面々。





このふたりは、頼りにならない付き添いです。


d0169340_10324257.jpg

d0169340_10324617.jpg

居ても、邪魔なだけ!  笑笑


この件は、また、後日。



by kyuuzou_u | 2018-07-08 10:31 | ナルのこと | Comments(0)

ご飯を食べない〜ナル〜

今日は、うちの子の話ですみません。


6月になってから、うちの爺さんナルの体調が良くないです。


d0169340_07241397.jpg



5月に大きな発作があり、一時は目が離せない状態でしたが、1週間ほどで回復したものの
それきり食欲が落ち、今も続いています。


症状は、眼振、部屋をグルグル旋回したり手足のけいれんです。



d0169340_07243099.jpg

前庭疾患でした。


しかも、もたついた足で高い位置から落ちて前足を痛めてしまい、症状が治まった今も
ふとした時、痛さに顔を歪めています。



申し訳ないことをしてしまった。



 
人間が反省しきりのそばで、落ち着いて寝てくれる姿を見せてくれるのが
唯一の救いです。

こうなると人間の方がオロオロしてしまい
我ながら情けないです。



d0169340_07251191.jpg


さて、私たちはどうしましょう。


ナルにとって安心して過ごせる環境を整えて
のんびり過ごしてもらわないと。



推定14歳。
もしかしたら、もう少し年齢が高いかもしれません。
でも、まだまだ長生きしてほしい。


d0169340_07254050.jpg


まずは、食べて貰わないと。


うちには尻尾の生えた住人がよにん居ますが
そのうちふたりが、食べ物に工夫が必要です。



高齢の子が食べても大丈夫な栄養価の高い
フードでこんなの良いよとご存知の方が
いらっしゃいましたら、ぜひ、教えてくれますか。






くらふと君は、時間がかかるけど
一回分は完食出来るようになりました。


d0169340_07274100.jpg



魚は、ぺッてしますので
お肉をモリモリ食べてますよ。



贅沢な奴です(笑笑)


今週末の臨時いぬ親会にくらふと君と参加予定でしたが、早めに早退するか
もしかしたら、不参加になるかもしれません。

今日の夜の様子で決めたいと思います。

万が一、参加出来無くても
くらぽんのご縁探しは、毎日24時間継続中です。
お問い合わせはちばわん  までお願いします。


【臨時いぬ親会のお知らせ】
詳細はクリックしてください。


d0169340_07170263.jpg

くらふとに限らず、家族を待ってる子たちが参加します。
ぜひ、ご家族みなさんで会場にお越しください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

くらふとはちばわんの保護犬です。
優しい家族のお迎えを待っています。
申し込みはちばわんまで。









by kyuuzou_u | 2018-06-29 07:31 | ナルのこと | Comments(6)