一歩のこと。

一歩は、
私が預かりをした1代目の預かりっ子です。
 

以下3枚は預かり当時の写真です。
d0169340_23474451.jpg



その一歩が
先日の2月5日、
大好きなパパに見守れお空に逝きました。
享年は15歳以上だったと思います。

d0169340_23575375.jpg


2010年11月に優しいパパさんのおうちへ迎えられ7年と3ヶ月。


一歩のそれまでの暮らしは
とても過酷なものだったと想像が出来る状態でした。


d0169340_23581585.jpg

パパさんはそんなことを忘れさせてくれるくらい
惜しみなく愛情を注いでくださって、一歩はとても幸せだったと思います。




頑張って、頑張って病気も乗り越えてきたのに
パパさんのお気持ちを考えると残念で仕方がありませんが
一歩に対し感謝の言葉ばかりをおっしゃっていました




今朝(25)740分頃、一歩がなくなりました。
眠るような穏やかな最期でした。



d0169340_23585210.jpg


最近は、食欲はないなかではありましたが、
亡くなる前日の朝ごはんは完食していたのに、夜中に息が荒くなりました。
一歩は亡くなる直前まで、歩けなくても私のそばに来たくて這って寄ってきて遊んだりしていました。

眼を開けたまま、徐々に脈が薄くなり、亡くなりました。
今も、これからもこんなに可愛い息子は居ないと思います。

ちばわんから一歩を引き取り

大事な命を託していただき、心から感謝しております。

本当にありがとうございました。







はじめの一歩。
一歩が幸せでいてくれたから、次に来る預かりっ子のご縁が繋げられたと思ってます。



ありがとう。
あなたに出逢えてよかったです。


d0169340_00002210.jpg


d0169340_00005294.jpg

立派なセレモニーでした。
一歩は本当に幸せでした。


d0169340_00102921.jpg

パパさん
大事に育ててくださってありがとうございました。

d0169340_00110904.jpg

一歩、ありがとね。
どうか、ゆっくりおやすみなさい。
















Commented by 一歩パパ at 2018-02-13 01:00 x
ありがとうございます。
僕はまだ彼の事を文章に出来ていませんが、改めてちゃんと書きたいと思います。
大事な命を私に預けて下さり本当にありがとうございました。
私の周囲だけでなく、多くのお見送りの声を頂いて、本当に彼は周囲に可愛がられていたことを思い直しました。
これからの人生は彼に心で語り掛ける日々になりますが、その時間も大事に生きて行こうと思います。
Commented by kyuuzou_u at 2018-02-13 21:19
一歩パパさん
自慢の長男とおっしゃるように、本当によく出来た子でした。
だからこそ、周りの方にも可愛がられたのでしょうね。
一歩は幸せでしたね
ポッカリ空いた大きな穴は、一歩の思い出で埋めていって欲しいです。
その思い出をいつかまた、私にも聞かせてください。

by kyuuzou_u | 2018-02-12 23:43 | 一歩っぽのこと | Comments(2)

ちばわんの保護犬たちの預かりブログです


by kyuuzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31