返事。

まずは
前回のオックスの記事をごらん頂いた皆様から
たくさんのメールや応援コメントを頂き
本当にありがとうございました。

また、それと共に、記事を読まれ
心穏やかに過されなかった方もいらっしゃる事実をしり
言葉が発する、事の重大さを再認識いたしました。
不愉快な思いをさせてしまい
大変申し訳ありませんでした。


本当なら、頂いたコメントのひとつひとつに
お返事しなければいけないのですが…
今日までの思いを記事として書かせていただく事で
お返事とさせていただいてもよろしいでしょうか?


まずはオックスですが
今は薬が効いている様で、状態も落ち着いてきました。

正確には
10月には入ってからの発作はっきり確認できただけで
3回。
あれ?と思ったのを含めたら5回以上あり
そのうちの2回が前回の動画です。
これもキチンと事実としてお伝えしなければいけませんでした。

コメントでのご意見でもありましたが
医師の腕が「良い」「悪い」の判断は、点数ではっきり付けられるものではありませんが

病は、テクニックが優れているだけでは
治すことが出来ないと思っています。

私は今の先生を全面的に信頼しています。
それが、私にとっての「腕の良い」先生です。

若い子もシニアの子も病気の子もそして元気で健康な子も
生きていればこそ、必ず悲しい別れがあります。

最愛の子を亡くされ、平常を取り戻した今も、大きな心の穴を埋められず、ふと寂しくなる
そんな思いをしている人が、私の身近にもたくさんいます。
そして、どの方も皆んな
決して目をそむけず、そばに寄り添い、最期の時を見届けた
心優しい、勇敢な方たちばかりです。


愛する子のつらい場面をそばで見据えて
その結果、息が戻らず、こと切れてしまった事実を目の当たりにし


どんなに無念だったか
どれほどご自身を責め悔やんだのか

そして
どんな、涙を流されたのか・・・。




つらいことを思い出させてしまったなら
本当に申し訳ありません。




ここに訪問頂ける皆さんと同じ様に
私も、色んな皆さんのブログへ訪問しています。


だからと言って
全てのブログへコメントをするのではなく
大多数の方と同じ様に、読んでは
くすくす笑って通り過ぎたり

うー。っと
考えさせられたり

正直
ほとんどが読み逃げになっています。

だから
ここでコメントを残していただいた
そのエネルギーも充分承知しているつもりです。

だからこそ、ひとつひとつのコメントを
感謝しつつ、何度も何度も読ませて頂きました。



くろばやこさん。
nicoちゃん、ますますかわいくなりましたね。
いたずらして、時々拗ねて、そしてじんわり甘えて…
そんな何気ない姿も、家族にしか見られない本当の姿なんだろうと思います。
オックスもnicoちゃんの様に、しみじみと幸せに浸かってもらいたいです。
これからも、オックスがでっかい幸せをゲットするのをどうか見守っていて下さいね。


プー母さん。
オックスのこといつも応援してくれてありがとうございます。
おもちゃで遊ぶ姿は、いたずら盛りの男の子そのものです。
約4歳とは思えないほど無邪気に(飽きもせず^^;)遊んでる姿に
お腹を抱えるほど笑い転げています。
そんな姿が「かわいい」と伝わっていたのならとても嬉しいです。
また、ぜひ遊びに来て下さい。



鍵コメさん。
貴重な情報ありがとうございました。
さっそく調べてみます。




くりママさん。
「深い愛情と強い意志」
本当にそうですね。
いぬ親さまに限らず、私も心して貫いて行かないといけません。
ゆっくりゆっくり、オックスと向きあって行きますね。

akeさん。
「今を生きる」オックスは毎日が楽しくてしょうがないみたいです。
本当のお家で、オックスがオックスらしく過す姿、私も見てみたいです。


そして

mei様。
色んなご意見もご指摘もあると思いますが
良いも悪いも本当の姿を伝えて行き、
それでも今のオックスを迎えてくれるご家族様とご縁をつなぐのが
今の私に出来る、最大の責任だと思っています。

頂いたご意見は真摯に受け止め
この先も、オックスの姿を正直に伝えていくつもりですので
この子が、本当の幸せを掴むまで

どうか一緒に見届けて頂ければと・・・・
そう、願っております。



ここでの記事が
全ての答えとなっているのか
分かりません。



でもこれが


今の私の
精一杯の気持ちです。
Commented at 2011-10-19 14:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kyuuzou_u at 2011-10-21 23:15
鍵コメ様。
オックスのこと気にかけてくれてありがとうございました。
似てますか?では・・・
写真も厳選して載せないといけませんね(笑)
もう少し、ここでオックスの様子を伝えていきますので
一緒に見守っていただけたら、うれしいです。
また、ぜひ遊びに来て下さい。

by kyuuzou_u | 2011-10-18 22:05 | 私達ができること | Comments(2)