カテゴリ:私達ができること( 10 )

★緊急です

トライアル中の結生(ゆい)が
自宅から逸走し、迷子になってしまいました。

無事に保護されました!

d0169340_23040437.jpg











by kyuuzou_u | 2017-06-28 23:59 | 私達ができること | Comments(0)
2016 新年が明けました!
今年もよろしくお願いします。
d0169340_08415900.jpg



d0169340_08415909.jpg


この子達は、寝正月(笑)

d0169340_08415962.jpg



さ、さ。
みんなで初詣に行きましょう。




微力ながら、保護犬達の家族探しを続けて行きたいと思っています。

d0169340_09010682.jpg

今年もよろしくお願い致します040.gif


by kyuuzou_u | 2016-01-01 08:38 | 私達ができること | Comments(0)

チビスケ母さん

今週の日曜日。

「この続きはまた明日~」

なんて言ってた私が悪いのねっ。
随分と日にちが経ってしまったけど


7/22の日曜日。

サマーカットしたてのナルちんと
チクーって
注射を打ちたてのオックス君と一緒に


大通り公園のフリーマーケットに行ってきました。


d0169340_2214997.jpg




私が欲しかったのはこちらのはがき

d0169340_2201962.jpg

d0169340_21571777.jpg
d0169340_21572958.jpg

d0169340_2157463.jpg


チビスケ母さんのチャリティ絵はがき。







この絵はがきを知ったときから
「絶対ほしい!」って思いながらも、
いぬ親会ではなかなか時間がなくてね~。


だから、こちらに来ちゃったわけ(笑


d0169340_2201283.jpg






はがき作成までのエピソードはこちら↓で詳しく紹介されています。

「チビスケ母のわんにゃん絵はがき」 (チビスケんちの預かり日記Ⅱより)

「ちばわんチャリティ絵はがき」 (カプアン通信より)



写真ってね
撮った人の人柄が出ると思うのね。


d0169340_1362527.jpg

d0169340_1365760.jpg



だから、どれもみんなホンワカあったかい。


d0169340_1373941.jpg



個人的なことですが
お盆に行われる飲み(ほぼオジサン、オバサンの)会の
プレゼントにしようと思っています。


最近は、メールやネットなどの普及で
お手紙を書く習慣は少なくなってきました。


でも
郵便って、今まで私たちの生活の中に慣れ親しんだ
良き習慣だと思っています。
個人では、送り先も限られてしまっているので
大量の需要はないのかもしれませんが

イベントのプレゼント用や
企業の方の挨拶用に使っていただけるといいな。
それも大量にネ。


そしてそれがいつか
まわりまわって、自宅のポストにポトンと入ってくれたりしたら


なんとも、うれしいです。


ポストを開けたとき
この絵はがきが届いていたら、どんな気持ちになるのだろう。
今から、ワクワクです!!!







んなもんで
よしおかー。
どう?もっと追加してもいいよね?

ちぃちぃ、かよかよも見てるかな?
御注文お待ちしていますね。
(すみません!業務連絡です)



チャリティ絵はがきは
いぬ親会場のフリマコーナーで販売しています。
ネット通販も可能です。


詳細は↓こちらのバナーをクリックして下さいね。



d0169340_225352.gif


そして、
チビスケ母さん絵はがき行商の旅(フリマ参加)予定です。

7月28日(土) 日本丸メモリアルパーク (横浜・桜木町)

どちらもリサイクル運動市民の会さん主催のフリーマーケットです。
詳細は →こちら! をご覧ください。


d0169340_225352.gif


家に帰ったら
はじめての(?)フリマ見学で



d0169340_2121547.jpg

お疲れモードのオックスでした。
by kyuuzou_u | 2012-07-25 01:16 | 私達ができること | Comments(0)

昔むかし。

これは40年ぐらい前の
むかしむかしの話です。







私がまだ、子供だったころ。
当時
家には白いわんこがいました。



名前はチビ。

コロッとした身体の割りに、小さな三角の耳がちんまりとついていた
柴系雑種のおじいさんワンコです。




捨て犬だったか迷子だったのか、今となっては、記憶が定かではありませんが
物心ついた頃から、いつの間にか家に住み着いた
父がとてもかわいがっていたワンコでした。

いつもは
庭に建てた小屋のそばから、道行く人を眺めたり
たまに、通りがかりの人に
「いい子だね」
なんて撫でてもらったり
近所の人からも、とても可愛がってもらっていた
穏やかなワンコでした。


庭で遊んでると、そばに寄って来て
そっと見守ってくれていたのを
幼いながら感じていました。

土地柄もあるのでしょうが
私の住む横浜もその当時
わんこを室内飼いしていたお家って少なかった気がします。

だから
チビは家の庭を自由に歩き回っていた外飼いの子でした。
(40年ぐらい前の昔話です)


チビが住んでたお家も、父が有り合わせの材料で作った小屋で
今の様におしゃれな雰囲気など、少しもありません。


でも
夏は、ヤブ蚊に刺されないように
蚊取り線香置場が作ってあるような
粗末ながらも、父の優しさの詰まった
チビの大切なマイホームです。




冬は、寒くない様に湯たんぽを用意したりして(笑)

その湯たんぽも、熱すぎないかなんて確認してるうちに
自分のほっぺをやけどしたりしてね。父がね。


かいがいしく世話をしていた姿が、今も目に浮かびます。



チビは、
そんな父が大好きでした。



でも
可愛がってた割に、食事と言えば

良く言えば手作り食
悪く言えば食べ残し

たまに、ウェット缶があったので
きっとご飯に混ぜていたのでしょう。

もしかしたら
犬が食べてはいけない物も、あったのかもしれません。






もうすぐ暖かい春がやって来るってころ
チビは小屋の中でひとりで死んでいました。









ゆすったり
撫でてみたりしても
横たわったまま
ピクリとも動かない。

昨日まで
私達が遊んでいるそばで、ずっと寄り添ってくれてたチビが

名前を呼んでも
プリンプリンとしっぽを振ってくれません。




そして
そのチビのそばには
鼻水をたらし、大きな涙をボロボロ流している
父親がいました。




チビが死んだ。
チビが死んだ。
チビがひとりで死んだ。



子供の目もはばからず
泣きじゃくっている、父の姿がありました。


だいの大人が
大泣きしている姿を初めて間の当たりにしたのと
それが、自分の父親だったことがあまりに衝撃的で
父の姿を見て
チビが死んでしまった悲しみと
そして
チビに対する父親の
深い深い愛情を知りました。


大人になった今でも



あまりに悲しい出来事が起きてしまったり
つらい思いをしている様子を見聞きするたび
どうしても
この瞬間を思い出します。



私はこの時に
尊い命の存在を知ったように思います。



人間が心の奥底に持っている
慈しみの気持を学んだ気がします。


これは
私が初めて「死」を目の当たりにした
子供のころの
遠い遠い記憶です。


チビも
チビの事が大好きだった私の父も

今はこの世界におりません。

今頃、チビと一緒になって自由でお気楽な毎日を暮らして
私達がほざく戯言も
笑いながら聞いてるのかもしれません。

私は
そう、信じています。






d0169340_2335683.gif




預かりっこのオックスは
この仮宿へ来て
今日でちょうど1年になりました。


d0169340_23302570.jpg
d0169340_23304816.jpg
d0169340_2331969.jpg

(2011年5月24撮影:預かり家にて)





ちばわんメンバーがセンターへ迎えに行ってくれて
メンバーの猫の手さんが我が家に連れて来てくれました。

センターには手を差し伸べれば助かる命が
まだまだ、たくさんがあります。


愛護センターレポート
オックスはその中から救い出された
尊い貴重な命です。


この命のバトン
繋げていかないといけませんね。


深い深い愛情を持って
オックスのことを、愛してくれるご家族の元へ。



d0169340_2335683.gif


オックスはちばわんの保護犬です。

d0169340_23201940.jpg


オックスのお問合せはこちらから→    
by kyuuzou_u | 2012-05-24 19:41 | 私達ができること | Comments(6)

緊急のお知らせです。

※ちばわん保護犬のシロッコが迷子になりました。
d0169340_2337398.jpg


怖がりですので、見かけたときは追いかけたりせずに
連絡先までお知らせください。
ぜひ、ご協力お願い致します。

どうか、無事に戻ってきますように・・・。
by kyuuzou_u | 2011-10-31 23:41 | 私達ができること | Comments(0)

返事。

まずは
前回のオックスの記事をごらん頂いた皆様から
たくさんのメールや応援コメントを頂き
本当にありがとうございました。

また、それと共に、記事を読まれ
心穏やかに過されなかった方もいらっしゃる事実をしり
言葉が発する、事の重大さを再認識いたしました。
不愉快な思いをさせてしまい
大変申し訳ありませんでした。


本当なら、頂いたコメントのひとつひとつに
お返事しなければいけないのですが…
今日までの思いを記事として書かせていただく事で
お返事とさせていただいてもよろしいでしょうか?


まずはオックスですが
今は薬が効いている様で、状態も落ち着いてきました。

正確には
10月には入ってからの発作はっきり確認できただけで
3回。
あれ?と思ったのを含めたら5回以上あり
そのうちの2回が前回の動画です。
これもキチンと事実としてお伝えしなければいけませんでした。

コメントでのご意見でもありましたが
医師の腕が「良い」「悪い」の判断は、点数ではっきり付けられるものではありませんが

病は、テクニックが優れているだけでは
治すことが出来ないと思っています。

私は今の先生を全面的に信頼しています。
それが、私にとっての「腕の良い」先生です。

若い子もシニアの子も病気の子もそして元気で健康な子も
生きていればこそ、必ず悲しい別れがあります。

最愛の子を亡くされ、平常を取り戻した今も、大きな心の穴を埋められず、ふと寂しくなる
そんな思いをしている人が、私の身近にもたくさんいます。
そして、どの方も皆んな
決して目をそむけず、そばに寄り添い、最期の時を見届けた
心優しい、勇敢な方たちばかりです。


愛する子のつらい場面をそばで見据えて
その結果、息が戻らず、こと切れてしまった事実を目の当たりにし


どんなに無念だったか
どれほどご自身を責め悔やんだのか

そして
どんな、涙を流されたのか・・・。




つらいことを思い出させてしまったなら
本当に申し訳ありません。




ここに訪問頂ける皆さんと同じ様に
私も、色んな皆さんのブログへ訪問しています。


だからと言って
全てのブログへコメントをするのではなく
大多数の方と同じ様に、読んでは
くすくす笑って通り過ぎたり

うー。っと
考えさせられたり

正直
ほとんどが読み逃げになっています。

だから
ここでコメントを残していただいた
そのエネルギーも充分承知しているつもりです。

だからこそ、ひとつひとつのコメントを
感謝しつつ、何度も何度も読ませて頂きました。



くろばやこさん。
nicoちゃん、ますますかわいくなりましたね。
いたずらして、時々拗ねて、そしてじんわり甘えて…
そんな何気ない姿も、家族にしか見られない本当の姿なんだろうと思います。
オックスもnicoちゃんの様に、しみじみと幸せに浸かってもらいたいです。
これからも、オックスがでっかい幸せをゲットするのをどうか見守っていて下さいね。


プー母さん。
オックスのこといつも応援してくれてありがとうございます。
おもちゃで遊ぶ姿は、いたずら盛りの男の子そのものです。
約4歳とは思えないほど無邪気に(飽きもせず^^;)遊んでる姿に
お腹を抱えるほど笑い転げています。
そんな姿が「かわいい」と伝わっていたのならとても嬉しいです。
また、ぜひ遊びに来て下さい。



鍵コメさん。
貴重な情報ありがとうございました。
さっそく調べてみます。




くりママさん。
「深い愛情と強い意志」
本当にそうですね。
いぬ親さまに限らず、私も心して貫いて行かないといけません。
ゆっくりゆっくり、オックスと向きあって行きますね。

akeさん。
「今を生きる」オックスは毎日が楽しくてしょうがないみたいです。
本当のお家で、オックスがオックスらしく過す姿、私も見てみたいです。


そして

mei様。
色んなご意見もご指摘もあると思いますが
良いも悪いも本当の姿を伝えて行き、
それでも今のオックスを迎えてくれるご家族様とご縁をつなぐのが
今の私に出来る、最大の責任だと思っています。

頂いたご意見は真摯に受け止め
この先も、オックスの姿を正直に伝えていくつもりですので
この子が、本当の幸せを掴むまで

どうか一緒に見届けて頂ければと・・・・
そう、願っております。



ここでの記事が
全ての答えとなっているのか
分かりません。



でもこれが


今の私の
精一杯の気持ちです。
by kyuuzou_u | 2011-10-18 22:05 | 私達ができること | Comments(2)
6/19(日)ちばわん定例いぬ親会の
写真をアップします。



ただ・・・・



びっくりするほど撮れてませーん。
へへへ。



d0169340_2144338.jpg


鉄丸くん。




d0169340_21462149.jpg
d0169340_21463211.jpg



真生(まお)ちゃん。
正面のお顔が撮れなくて残念!




d0169340_2148186.jpg


d0169340_21481226.jpg


きれぇ~なお顔の
ロゼちゃん。




そして会いたかった・・・・
ミミちゃん。
d0169340_21501599.jpg






d0169340_21515727.jpg

丸心(まるこ)くん。


もっとたくさんのワンコたちに会いたかったんですが
可愛い笑顔が見られて楽しかったよ~070.gif053.gif
の預かりおばさんでした。




オックスも大満足!


d0169340_2201759.jpg


だね。


ご来場いただいた皆様。
準備をしてくれたスタッフの皆様。
参加ワンコの預かりの皆様。

本当にありがとうございました。
by kyuuzou_u | 2011-06-20 22:06 | 私達ができること | Comments(2)

チワワのマリアちゃん。

今日はマリアちゃんの事をすこし・・・
マリアちゃんは我が家の初代預かりっこ「一歩」と一緒に
飼い主持込により
愛護センターへ収容されていた
ちばわん保護いぬの、高齢チワワです。



d0169340_19522519.jpg

(9月28日ちばわん愛護センターレポートより)




2頭で、長い間センターに収容されいて
それでも、お互いに肩寄せ合って、
冷たいコンクリートの上で耐えていました。





d0169340_19514457.jpg

(10月1日ちばわん愛護センターレポートより)






ちばわんで、この2頭を引出ししたのが
10月14日。
先輩ボラのchieさんが、
引出し後のケアをしてくれた後、




一歩は我が家に。
         (今はパパさんに溺愛されてる一歩君↓)
d0169340_22415440.jpg



そしてマリアちゃんは預かりのミヤさんち
のんびり、いぬ親様のお迎えを待っていました。




d0169340_21322651.jpg






そして
先日、マリアちゃんのことを家族に迎えたいとお申し出があり




d0169340_19533761.jpg

お見合いをして、優しいいぬ親様が決定致しました。




昨日、お届けまでの準備のため
預かりのミヤさんちから、
お届けするchieさんに託すまでの運搬をお手伝いさせて頂き



久しぶりにマリアちゃんに会いました。
d0169340_2021873.jpg

いらっしゃいませ♪





避妊手術の時に、乳腺腫瘍を摘出し
傷あとが痛々しかった姿とは想像もできない位
穏やかな笑顔で出迎えてくれました。



ミヤさんがとても丁寧にケアしてくれて
見違えるように朗らかに笑ってくれる素敵なレディになって…

d0169340_205347.jpg





別れは寂しいけれど
優しい家族が待っているお家へ引っ越しして
幸せになってほしいと


d0169340_2053795.jpg


d0169340_20637.jpg

涙あり、笑いありの



「ばいばい♪」をして




マリアちゃんは幸せに向かってお引っ越ししました。
お届け後の報告は、後々ミヤさんからアップされると思いますが

ここでも、その後の話はぜひぜひ報告させて頂きますね。





**************



d0169340_2123777.jpg


この写真は私の宝物のひとつです
推定年齢10歳のマリアには、いつも犬たちが寄り添います
偉大な母犬だったと、想像に難くない
この時は、頭のてっぺん(泉門)がほとんど開いている犬がぴったりくっついていました
マリアは、鼻からポロリと真珠の鼻水をこぼしています




マリアに会えてよかった


****(ミヤさんのブログからお借りしました)****





マリアちゃん!おめでとう♪

d0169340_2064611.jpg



幸せになろうね~。

(まずは、いぬ親様決定報告のお手伝い!お届け報告は、また今度ですね♪)
by kyuuzou_u | 2011-05-16 20:09 | 私達ができること | Comments(0)

春は必ずやってくる!!

桜が咲きました。





d0169340_2292957.jpg





この画は、写真が趣味の後輩ちゃんの撮影です。
(emiちゃん☆ありがとうございました)










*****





東北地方太平洋沖地震で被災された犬や猫たちへの支援にご協力を!(ちばわん支援ブログより)




ちばわんでは被災された動物達へに向けて
「支援ブログ」を立ち上げています。





先週の4月2日(土)。
皆様からお預かりした大切な支援物資を
被災地へ届ける事が出来たそうです。





こちら↓で詳細は報告させて頂いています。






クリックした後、更新情報をご確認ください。




車の中は、応援して頂いた皆様のたくさん心のこもった支援物資で
一杯だったそうです。
暖かいお気持ち、本当にありがとうございました。

これからも、第2弾・第3弾~と続く予定ですが
今は、物資の募集を一旦締め切らせて頂いております。
また、必要なとき必要とされるものを、都度支援ブログで報告させて頂きますので
その際は、どうか耳をお貸し頂き、応援して頂ければ
うれしいです。






季節の歩みは
確実に一歩ずつ前に進んでいます。



d0169340_2263983.jpg

(emiちゃん撮影)



どうやっても
拭いきれない悲しみを胸に秘め
復興という形で、がんばる方々の元にも





春の暖かさが
どうか届きますように
by kyuuzou_u | 2011-04-07 22:08 | 私達ができること | Comments(0)

ちばわん支援ブログ

3月11日。
東北地方を中心に甚大なる被害をもたらした
東北地方太平洋沖地震。

いまもなお、
安否不明のまま、ご家族との再会もなされない
被災者の方々が不安な毎日を過しています。




また




過酷な非難生活を余儀なくされてる方々の中には
厳しい現実を受け入れられず、
眠れない日々を送っている人もたくさんおられます。



ひとりが出来る事には限りがあるけれど
ひとりひとりの心がけで
大きな力になれると信じています。


私よりも「私たち」


出来る事からはじめます!!







ちばわんでは

具体的な支援内容が支援ブログにアップされています。

「ちばわん支援ブログ」↓バナーをクリックしてください!



(情報は日々更新しています。「更新情報」をクリックしてください)




ぜひ、ご協力よろしくお願い致します。


* * * * * * * * 


また。

被災地へ向けて支援物資の募集も開始致しました。


現在宮城県と近県各地の
保護団体・個人ボランティアさんと調整をしておりますが、
第1陣として
4月2日(土)に支援物資をお届けに行く予定としております。


※ちばわん被災地支援問い合わせ窓口 
       こちら→  chibawan.revivalaid@gmail.com


寄付いただきたい品は以下のとおりとなります。
詳細につきましては、お問い合わせください。

   【犬用支援物資】    
    ・ケージ ・ 屋根つきサークル
    ・キャリー・バリケン類
    ・首輪・ハーネス・リード
    ・フード ・ 水のみ・フードトレイ
    ・トイレシート
    ・迷子札  など

   【猫用支援物資】    
    ・ケージ ・ キャリー類
    ・首輪
    ・フード ・ 水のみ・フードトレイ
    ・猫用トイレ・トイレ砂  など

   【その他】    
    ・毛布・タオル類
    ・シャンプー(水の要らないタイプ)
    ・消臭剤・ブラシ
    ・エチケット袋  

    ・ブルーシート
    ・携帯カイロ
    ・マスク など


    ★キャリー・ケージ・サークル類や首輪リード類は比較的状態の良いものでしたら
      中古でも結構です。


今後も物資のお届けを予定しておりますのでご協力をお願いいたします!


尚、混乱をさけるため、今回の地震に関連する義援金口座をちばわんが設ける予定はありません。
万が一、ちばわんの名前での義援金の呼びかけがありました際は、ご注意ください。

by kyuuzou_u | 2011-03-29 21:30 | 私達ができること | Comments(0)

ちばわんの保護犬たちの預かりブログです


by kyuuzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31