心臓の話をしましょう。

昨日、おんもの抜糸をしに、病院へ行って来ました。

d0169340_071976.jpg




預かり当初から、身体に触られることに抵抗があったので
少しずつ馴れさせてから病院へ行きました。
お口が出てしまわないよう慎重に慎重に。。。


手術の時に行ったように
首にカラーを巻いて診察台の上に乗ってもらいました。


思ったよりも抵抗なく抜糸も終わりました。
ここまで来ればひと安心です。
先生、ありがとうございました。



おんもの咳が気になったので
心臓のエコーもお願いしました。
d0169340_071842.jpg




おんもはフィラリアが強陽性ですが
どれほどダメージがあるのか把握できていませんでした。
なので、落ち着いて診察台の上に乗っている今がチャンスです。


夕方と早朝に咳き込みが多くその点気になっていましたが
心臓に寄生は確認できませんでした。

d0169340_072070.jpg




ただ、心臓の増帽弁が若干厚くなっており
それにより、血液の逆流が起きてるようです。



先生がおっしゃるには
「探して探してやっと見つかる程度の血液の逆流です」


d0169340_072159.jpg



原因がフィラリアによるものか、加齢によるものなのか分かりませんが
フィラリアの影響だと思っていた咳込みはどうやらこっちが原因だったようです。





さて、どうしましょう。

d0169340_072278.jpg



内科的治療を始めると、
これからずっと薬を飲み続けなければなりません。




ここでの報告も、昨日から書いては消して
また書き直しての繰り返しで、
はっきりした答えを出せていませんが
まずは、ガリガリに痩せてしまった身体を適性に戻し
体力が戻ったところでもう一度、詳しい検査をしてから
今後の治療を決めて行く予定です。







おんもの適正体重は9kgです。


d0169340_072347.jpg




預かり当初は6.3キロ、手術のときは6.8キロ。

そして、昨日は7.3キロまで増えていました。


鞭虫(べんちゅう)が出てからもずっと軟便続きで
昨日は抗生剤もらいました。
お薬をもらってから、ようやく今日になって形になるものが出て来て
うんちを拾いながら、にやけちゃったよ。




おんももつらかったと思います。

d0169340_072428.jpg




気づいてあげなくてごめん。
遅くなってごめんね。



おんもは、飼い主の持込でセンターに収容された子です。
申告では10歳となっています。

手術の時の子宮の状態や歯を見ても、そこまでの年齢とは思えず
先生と相談し7-8歳ととしましたが、
預かり家の様子を見ると、もしかしてもっと若いかも?と感じることもあって
プロフィールを修正しようと思ってました。




心臓の状態をみると、7歳以上。




やはりシニアに指しかかってる年齢なのかなと感じます。

d0169340_07241.jpg

『そう、見えますか?』




d0169340_0591867.gif


おんもはちばわんの保護犬です。
両手を広げ、家においでと言ってくださる優しいご家族のお迎えを待っています。

d0169340_072644.jpg





おんものプロフィールはこちらです。

申し込みはちばわんまで
by kyuuzou_u | 2015-06-15 00:07 | おんものこと | Comments(0)

ちばわんの保護犬たちの預かりブログです


by kyuuzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31